香菜、頭をよくしてあげよう


きっかけがあって、歌詞について考え込んでいた。

香菜は自分で大切にしたいことだけ細部までこだわって狭い範囲でゆっくり生きている女の子なのではないかなあ。なんとなくでは生きていけずに、そのくせ興味がないことに対しては無だったりして。

香菜の周りをたくさんの人がなんかすごい速さで駆け抜けていって、たまにすれ違うときに「まだそんなところにいるの?」「そんなこといちいち気にしてたら進まないよ」「何がしたいの?」「世界を知ろうとしないの?」そんな言葉が聞こえたり好奇な視線を感じたり。


「僕」もきっとそんな香菜と似ていて、だけど「僕」は世界をとうに諦めている。香菜はまだ世界を諦めることができていない。


香菜は自分が正しいかどうか確証を持てなくて、世界からずれてしまった私だけが間違っていてああ私は馬鹿だなあってそれを深刻に考えているのかいないのかぼんやり過ごすことしか出来なくて、
それを見ている「僕」はこっちおいでって「僕」の中の世界を信じていた頃の自分がかすかに揺さぶられながらも考えていて

リテイクの歌詞のようなことを伝えたくて映画を見せるのだけど、香菜には自分が興味のあることしか響かないから寝ちゃって、伝えたいことは届かなくて、少し孤独を感じたり。

それでも諦めないよって今度は図書館に連れて行くんだ、香菜が生きることに怯えないように頭をよくしてあげるために。


香菜はそれをしらないから、そんなに深く誰かに愛してもらえるなんて思っていないから、「ああ早く抱きしめてくれないかなあ」とか、きっと考えている。