諦めろ











‪すごく悩んだ案件をお断りしてまた白紙になった。もうこんなこと言える時期ではないかもしれないけど頑張りたいものもまだあったりして、私は今後のライブも大事だと思うものに行けたらもうそれでいいなと今は思っているので

本当は全部大事だしいつまでもたくさん行っていたいけれどこういうときに諦められるように隠れてでもなんでも行ったつもりなので(受け取りたいように受け取ってしまうけどロヲスハムは本当にありがとうございましたという気持ち)

これは本当にこわかったのだけど、赤坂が最後のライブのように思えてしまった。上がろうとも思ってなかったし上がるつもりもないけど「ああ私の救いだったなあ」だとかだめだけどきっと感傷的になっていた。これまでずっと崖の先の先まで来て飛び込めないような気持ちだったのだけど、もうこれは飛び込んでしまって崖を見上げながら思ったことなのだろうなと思って、なんだか本当にだめだった。最後がマキナだったので少し大丈夫になった。(現在手元にチケットがないのでとてもこわい)


だってそりゃ救いだし最優先だけれどどうにもならないことはどうにもならない。隠れて隙間を突いて逃げ回って「もういい」と思うまでと思ったけれど、もういいなんてどこまで行ってもやっぱり思えないけど、これから先もきっと思えないと思うので、もうこの辺りで見切りをつけなくては
それが正しいと本気で思っている訳じゃないけど、だってそうやって生きていくしかない

思うままにやって下さっている方がいると思うだけで救われて、負けない人がいることで安心して負けていけるというか…だめなのかもしれないけどそういう気持ち


あと最寄の隣だったので東京にも出なくなって片道30分の範囲でひきこもりそう。それはもう自分の問題だけど、全部自分の問題なのだろうけど
結局どこにいようと自分の軸を持てなければだめだし、だめだから私はしにたいけど、しねない私がいきていくにはそれが必要だから、日常に縛られてしまってだめだなあと思った。