ルーズリーフ

ひとりごとを書いています

歌だけは聴こえていた

アカウントを見られた。色々言われて泣かれた。
「宗教だ」、私も多分母も思ったと思う。
ぐちゃぐちゃに泣きながらブログを書いたけど上げる前にどこかに消えちゃった。

籠女へをリピートして帰る。ずっとここにいて下さったらよかったのにな。ずっといる訳ないってことはずっと分かってたんだけど
そういうものを含めて歌ってるって思ってたからわざわざ降りてきてくれたこの何年かは本当に本当にうれしかった
「降りてきてやってる」だとしても私はよかった


仕事帰りに名画座で映画を観て来ることは褒められるのに、なんで音楽は駄目なんだろう
真面目で優等生な、ライブなんか行かない親ならまだ分かる、そうじゃないし「自由に行きたい」といつも言ってる。
そんなことはどうでもよくて、こちらが諦めるしかない。我慢できないからいけないんだろう。

「ありがとう」を聴くと少しだけ諦められる気がする