ルーズリーフ

ひとりごとを書いています

全部見られて変なツイッターをやめろと言われてしまったので、またそれが2回目なので、いったん閉じた。ログアウトするとか上手くやれよと思うのだけど馬鹿なのでそれができない。
たぶんここは見つかっていない

わるいことはしてないよ

その人に慣れれば慣れるほど上手く接することが出来ないとか言葉をそのままにしか受け取れないとかそんなことがたくさんあって、
そのくせ強引な人に負けて良いことしかいわないイイコの人形にもなれなくて、
黙り通して上手くやっていくことが出来ない。
書いただけでは足りず誰かに見てもらえたような気がして初めて安心する。見られていればそれはそれで眠れなくなることもあるのだけど

「綺麗なところを見たい人はラインやインスタや”本アカ”を見て」
そうやってやってきたのに何がいけないんだろう?

もっとつらい人がいるとか悪く解釈しすぎているとか色々なことを言われたけどよく分からなかった。世界で一番つらいということを言っている訳でもないし外の人が全部悪いと言っている訳でもない
それでも自分だけでどうにかしなくてはいけないってずっと分かってるんだけど無かったことにしたくなかった


でもだって、正しいと思えないことに素直に従ったとして自分で選ぶはずだった枝分かれした平行世界はどこに行ってしまうの

もちろん最初から口応えしなかった訳じゃなくて
泣いたり叫んだり繰り返してどうにもならなくなった


横入りしたくなかったエスカレーターとか
親族への悪口に相槌を打ったこととか
どうしても会場で聴きたかった籠女へとか

見ないふりをして平気な顔をして過ごしていくけど、豚様が歌ってくれるから大丈夫だよ
それでもどうにもならないときは誰に対しても言わないから書かせてください